プライバシーマーク更新



プライバシーマーク更新の方法、費用など


プライバシーマーク更新をするには、申請期限内に申請する必要があります。取得の2年後、または前回更新から2年後にあたる有効期限の4か月前〜8か月前が申請期間となり、その間に申請しなければいけません。もちろん申請に必要な全ての書類を揃え申請します。ほぼ取得の時と同じことの繰り返しです。

したがって、2年間の運用をした結果を審査されますので、取得してしまえば、あとは何とかなるとというものではありません。更新時期が近づいてバタバタとしないように、運用を行い準備をしておくことをお勧めします。


プライバシーマーク更新にかかる費用は

更新にかかるの費用としては、認定機関への申請・審査・マーク使用についての料金が発生します。(審査費用等について 最新情報はプライバシーマーク制度のページへ http://privacymark.jp/)  

その他、コンサルティングを依頼する場合はその費用もかかります。

担当者が変更になった、事業内容に変化があった、引っ越した、組織体制が変わったなど、変化があった時は、作業の漏れが起きたり、不安も大きくなるので、専門のコンサルティング会社に相談することをお勧めします。

支援を受けた方が効率良く、ストレスなく、人件費などの費用も少なくて済みます。ムリに自力でやろうとしたことにより時間や負担が増大してしまったという失敗例は良くあること。まずはコンサルティング会社に相談して、どんなサポートがあるのか、どれが自分に向いているか、費用はどれくらいかなど聞いてみることをお勧めします。