プライバシーマーク制度



プライバシーマーク制度について


プライバシーマーク制度は、日本工業規格である【JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム―要求事項】に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を審査機関が認定をして、合格を示すプライバシーマークを付与し、その使用を認める制度です。

プライバシーマークの付与は、個人情報保護法について包含するJIS Q 15001という規格に基づいて第三者である審査機関が客観的に審査し評価する制度であることから、事業者にとっては法律への適合性はもちろんのこと、自主的により高い保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立し、運用していることをアピールする有効なツールとして活用されています。

プライバシーマーク制度は、プライバシーマーク付与機関と指定審査機関で構成され、付与機関は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)です。この付与機関は、申請受付や審査実施だけでなく、プライバシーマーク制度を適正に運用する役割を担っています。

審査機関は、審査機関として指定を受けた団体です。審査機関は、事業者からのプライバシーマーク付与適格性審査申請の受け付け、申請内容の審査・調査等の業務を行います。

通常はJIPDECへ申請し、審査となります。その他の審査機関に申請する場合は条件があります。→プライバシーマーク審査 で解説しています。

プライバシーマーク付与の対象は、日本国内に活動拠点を持つ事業者で、プライバシーマーク付与は、法人単位となります。

もちろん、プライバシーマーク取得するために必要な取組み(JIS Q 15001で要求されていることなど)を推進していることが前提です。

また、プライバシーマーク付与の有効期間は、2年間ですので、2年ごとに更新することが必要です。 →プライバシーマーク更新 で解説しています。


プライバシーマーク制度のページ
http://privacymark.jp/