プライバシーマーク支援



プライバシーマーク支援


プライバシーマークを取得する際の支援はもちろんのこと、取得後の運用や更新の準備・審査対応の際も、コンサルティング会社の支援は必要な場合は多いのも事実です。

プライバシーマーク取得までの流れについて、自分たちだけで進めた場合の労力・負担が計算でき、その内容を考えても自力で対応可能であれば、コンサルティング会社のプライバシーマーク支援は必要ないかもしれませんが、どのくらいの労力・負担がかかるのかわからないままに自力で始めてしまって、失敗してしまう例も良く聞きます。支援を受けずコンサル費用をゼロに抑えたとしても、わからない中での作業はストレスもありますし、不確かな部分も多いので、調査に時間がかかったり、あとで間違いに気付くなど効率も悪いので、やはりお勧めできません。

新規取得の場合は、特にコンサルティング会社の支援をうまく利用して、効率良く取得を目指すことをおすすめします。取得した事業者の多くは自力ではなくコンサルからの支援を受けてのパターンでしょう。

プライバシーマーク制度上、更新は2年ごとですので、同じ担当者が中心となり更新を重ねていけば次第に慣れてきて、コンサルの支援が無くても大丈夫という場合もあります。コンサルティングを受けるにしてもどんなサポートを受けると安心できるとか、漏れが無いかとかを考えて支援を依頼することも可能になります。
また、プライバシーマーク専門のコンサルティング会社であれば、ただ単に更新支援というだけでなく、予算に合わせたり、必要な部分だけを選択して支援を受けることもできます。そのような利用方法も増えています。

しかし、2年の間の運用に不安がある場合や、担当者が変更した場合や、事業内容に変化があったり、移転した、組織体制が新しくなったなど、前回と違いがあったりする場合などは、やはり支援を受けることをおすすめします。