• TOP
  • プライバシーマークとは

プライバシーマークとは



プライバシーマークとは?


プライバシーマークとは、個人情報を大切に取り扱っている事業者であることを証明することが出来る公的な認証マーク。
略してPマークとも言われ、このマークの使用を認めるプライバシーマーク制度は一般財団法人日本情報経済社会推進協会【略称JIPDEC】が平成10年4月1日より運用を開始した制度です。
 
最近では入札や取引先選定の条件となっていることも多く、競合企業との差別化やブランディングなど今後もさまざまな場面での活用が期待できるマークです。

企業のホームページや通販サイト内でのマーク表示や、ダイレクトメールやカタログなどの印刷物へのマーク表示が増え、一般消費者への認知度もかなり高くなってきました。

インターネットなどの普及により簡単に個人情報を取り扱うことが多くなった現状を踏まえれば、個人情報の取り扱いに関して保護・管理を企業として勧めていくことは必須となりました。プライバシーマークを取得することは、日々起こりやすい個人情報に関する事故の予防だけでなく、利用者・消費者への安心感にもつながっています。

プライバシーマークは審査があり、取得した後も更新があることから、プライバシーマーク取得する際には、コンサルティング会社などの専門家から取得までの流れについてサポート・支援を受け進めていくケースがほとんどです。